HPV の型は150種類以上あります。感染しても通常は深刻な症状は起こしません。感染した場合には、手や足にできるいぼが最もよく見られる症状です。

約30種類のHPVは、性器の直接の接触によって感染します。HPVは発見された順番に数字で名称がつけられ、低リスク型と高リスク型の2つのグループに分類されています。

低リスク型HPV
子宮頸がんを引き起こさない、低リスクと呼ばれるHPVの型は約12種類あります。低リスク型HPVは性器のいぼや、問題にならない程度の子宮頸部細胞の変形を引き起こす場合があります。主な低リスク型HPVは、6, 11, 42, 43, 44型があります。最も一般的な低リスク型HPVは、尖圭コンジローマの原因の約90%を占める6型と11型です。

高リスク型HPV
子宮頸部細胞に異常を引き起こす高リスク型HPVは、約13種類あります。このHPVによって引き起こされる異常細胞は、そのままにしておくと次第に子宮頸がんに変化する場合があります。主な高リスク型HPVは、16, 18, 31, 33, 35, 39, 45, 51, 52, 56, 58, 59, 68型の13種類です。中でも16型と18型は、子宮頸がんの約70%を占める、特にリスクの高い型です。米国がん協会 (The American National Cancer Institute) の研究によれば、16型または18型のHPVに感染した女性のうち、約10%が3年以内に、20%が10年以内に、高度異形成 (CIN 3) を発症しています。

HPV ワクチン

世界では2種類のHPVワクチンが使用されており、子宮頸がんを引き起こすウイルスの約70% (日本では約60%) を占める16型と18型の感染を予防します。

キアゲン HPV Test

キアゲン HPV Test は、日本で初めて厚生労働省に認められたHPV検査法です。最も重要な高リスク型のHPV13種類 (16, 18, 31, 33, 35, 39, 45, 51, 52, 56, 58, 59, 68型) のどれかに感染しているかどうかを判定することができます。