なぜHPV検査が必要なのでしょうか?

子宮頸がんは世界で2番目に多くみられる女性特有のがんです。
細胞診で正常と判断されたとしても、浸潤がんの場合もあります。

もっと読む

子宮頸がんの啓発活動を行っているさまざまな団体などをご紹介します

米国では、細胞診とHPV検査の併用検査が、子宮頸がん検診のスタンダードになっています。日本でも併用検査が普及してきています。


各種学術資料、学会・研究会情報などを掲載しています。


監修: 横浜市立大学附属病院 化学療法センター長・産婦人科 宮城 悦子先生