キアゲン HPV Test

キアゲン HPV Test に関するキーポイント

キアゲン HPV Test は、高リスク型HPV をダイレクトに発見できるすぐれた検査法として、アメリカやヨーロッパで広く認められています。30 歳以上の女性が細胞診とHPV 検査を併用すると、子宮頸がんに進行するリスクについて、細胞診だけを受診した場合よりも、より正確に調べることができます。

  • 細胞診は、多くの女性の子宮頸がんや前がん状態を診断する手助けをしてきました。専門の細胞検査士が採取した子宮頸部の細胞を顕微鏡で調べて、病変を示す異常の有無を確認します。
  • キアゲン HPV Test は、通常は細胞診用に採取した細胞のサンプルを用いて、検査室で一緒に検査します。子宮頸部の細胞を異常化させる原因となる、高リスク型HPVに感染しているかどうか、分子テクノロジーを利用して調べます。
  • 子宮頸がんにかかるリスクが高くなる30 歳以上の女性にとって、細胞診とHPV 検査の併用検査は、がんになる前に子宮頸部の病変を発見する最も安心で確実な方法です。調査結果によると、HC2 HPV 検査と細胞診を一緒に受けることにより、進行した子宮頸部の病変 (CIN 2、CIN 3、またはがん) の95~100% を発見することができます。ただし、HPV に感染していたとしても、必ず子宮頸部に病変があるというわけではありません。子宮頸部に病変の進行があることを確認するには、精密検査 (コルポ診) を受ける必要があります。
  • 30 歳未満の女性の場合、HPV の感染はよくあることで、一時的なことです。細胞診で、不確定またはボーダーラインという結果が出て、精密検査の必要性を担当医が決定する時にのみ、HPV 検査を受診することをお勧めします。